大津少年少女合唱団オンラインミニコンサート2020、配信しました!

スタッフ写真で大騒動!改めてスタッフ5人を紹介します♪

スタッフ写真で大騒動!改めてスタッフ5人を紹介します♪

あっという間に1月が過ぎ去り、今日から2月。

今年になり、やっとスタッフ5人が揃いました。

実は、16年間も大津少年少女合唱団の伴奏者を務めてくださった屋宜浩子先生が、お仕事の都合で昨年の定期演奏会を最後に辞められました。

それでホームページの「指導者紹介」のところを変えなければいけないんです。

でもスタッフ5人がなかなか揃わずに、写真を撮ることができないのでそのままにしていました。

今日やっと揃うので、練習後に写真撮ろうということに。

だけど、それぞれの練習時の姿も撮ろうかなと思ったので、練習中に先生達をパシャパシャ。

いつも自分達に向けられているカメラが、今日はなぜか先生達に向けられているので、子供達、「何?」という不思議な顔をしていました。(汗)

それでは、この機会に改めて5人のスタッフについて紹介しますね。

若い方からいきますよ。


西岡愛(にしおか はるか)

「愛」と書いて「はるか」です。素敵でしょ?

はるかさんは合唱団OGです。

小学生の頃から、とにかく合唱団が大好きで、高校受験の時もちょっと休んだだけで、さっさと合格して練習に戻ってきてくれました(笑)

中学時代は吹奏楽部でフルートを吹いていました。

そして高3で卒団したら、そのままスタッフになってくれました。

大学では心理学の勉強をして、今は熊本市内の放課後等デイサービスに勤務し、子供達と関わっています。

合唱団でも、子供達をよーく見てくれていて、しっかり関わってくれます。

合唱団現役の時はアルトパートだったので、今も、音取りの時にはアルトに入ってサポートしてくれます。

合間には子供達の様子やその日の練習の記録を。

スタッフ事務局として、楽譜管理もしています。

それから譜めくりのプロです。伴奏者はほんと助かります。



西岡なおみ(にしおか なおみ)

私の四女です。やはりOGです。

昨年2月に結婚して西岡になりました。

はるかさんと親戚という訳ではありません。(笑)

大津少年少女合唱団ができた時はまだこの世に存在していなくて、次の年に誕生しました。

赤ちゃんの時は、合唱団の練習中、ピアノの下で寝ていました。

小学生の頃は、歴代最も態度の悪い団員で、練習中に勝手に抜け出し、隣の部屋で寝てたりしてました。

中学では吹奏楽部でサックスをやっていました。

現在は菊陽町で保育士をしています。

子供の頃とは違い、今では何かと頼りになる存在になってくれました。

今まではスタッフ事務局と指導をしていましたが、今年からは伴奏をすることになりました。



興梠みゆき(こうろぎ みゆき)

私の長女です。

合唱団ができた時は年長さんだったかな?

当時はまだ土曜日に学校があっていた時代。

土曜日の午後、私が合唱団の指導に行くので、自然とうちの子達も団員に。

小学3年生の時、「合唱団をやめたい。」と言い出しました。

友達と遊びたかったのでしょうね。

私は「やった!」と喜びました。

その頃は、おむつとミルクと子守りのためのビデオ付きポータブルテレビまで抱えて練習に行っていたので、これで、子供達を夫に任せて一人で行けると。

ところが夫は子供達を正座させて説教を始めました。

「一度始めたことをすぐに辞めたらだめだ!」

子ども達が自分たちで始めた訳ではないですけどね(笑)

土曜の午後、自分が子守りしないといけなくなるのを何とか阻止しようとしたんですよ。

でも、おかげでずっと合唱団の中で育ってくれて、今では指導者になってくれました。

高校時代は演劇をしていたので、歌の発声指導以外にミュージカルの演技指導や演出もやってくれます。

また、私はできませんが、ささっと絵が描けるので、定演のポスターの絵も描いてくれています。

現在、福岡に住んでいるので、定演前は毎週やって来ますが、普段は月に1、2度しか来ることができません。

平木麻奈美(ひらき まなみ)

麻奈美さんもOGです。

団員の時からとても頼りになる存在でした。

麻奈美さんの同学年は5人いたのですが、みんなから一目置かれる存在で、団員をしっかりまとめていました。

中学時代は吹奏楽部でフルートを吹いていました。

今は指導と伴奏をしてくれています。

普段は二人の男の子のお母さんと妻とOLをしています。

麻奈美さんが言うには、私は以前は厳しかったのだそうです。

練習中に疲れて座ろうとする子に、「まだ練習は終わってない!」と言ってたのだとか。

えーっ?!私がそんなこと言うなんて信じられない。

私は昔から、今と同じくらいに優しかったと思うんですけど・・・。

今は、とにかく子ども達が可愛くて可愛くて何でも許してしまう。

それでこの前も、麻奈美さんから「先生、それじゃだめでしょ!もっと確実に音程取れるようにしてから次の曲に行きましょう。」と言われてしまいました(汗)

麻奈美さんがいるから合唱団が成り立っているようなものです。

私ができなくなったら、あと、よろしくね!(笑)

それから麻奈美さんのピアノを弾く姿は背筋がピンと伸びてとてもかっこいい!

それなのに、今日は、私が指揮で麻奈美さんが伴奏だから、誰も麻奈美さんの弾く姿撮ってない(泣)

それで、前の写真でごめんなさい(汗)

吉岡裕美(よしおか ひろみ)

最後に私です。

1992年、私が35歳の時、大津町の職員の方達から「子どもの合唱団を作るので指導に来て欲しい。」との依頼を受けました。

その方達は「大津町はスポーツは盛んだけど、文化面をもっと向上させたい。」という願いを持っておられました。

当時、私は小さい子を3人抱え教員をしていて、部活もしていたので、夫は反対し、最終的には、月に一度行って、あとは他のスタッフに練習内容の指示をするという条件で許してくれました。

そして大津少年少女合唱団が誕生し、最初の練習に15名の子どもたちが来ました。

約束では、次に私が来るのは1ヶ月後、それまで他のスタッフが私がお願いした内容をやっておくということでしたが、この子達がまた来るのに、行かない訳にはいきませんよね。(汗)

ということで、それから現在まで27年間、大津少年少女合唱団の指導を続けています。(笑)

最初の頃は、お腹が大きいのに、部活を終えて合唱団に直行という大変な時期もありましたが、私の人生に合唱団があってほんとによかったなあと実感しています。

私も還暦を過ぎてしまいましたが、合唱団のおかげでずっと若々しく(思い込み?)過ごせています。

ほんとに、合唱団に感謝、感謝です。

一緒にやってくれるスタッフにも心から感謝♡

あっ、申し添えておきますが、スタッフではありませんが、現在三重にいる二女はミュージカルの台本づくりやセリフの指導、道具作りの手伝いなどを、一緒に住んでいる三女は定演の時の照明をやってくれています。

もちろん二人ともOGです。

あと、夫は定演時の録音やCD作り、その他もろもろ、合唱団のために貢献してくれています。

今日も楽しく終わりました

さあ、今日も楽しく練習が終わり、スタッフの写真を撮ろうとする、グッドタイミングで、なおみの旦那さんが現れました。

「ちょうどよかったあ。写真撮ってね。」

「それから、キレイに撮ってね!」

「ああ、それはちょっと・・・。」

無理な注文に、旦那さん苦笑い。

ということで、やっとのことで「指導者紹介」ページの写真を更新することができました(笑)





合唱団員募集中!

CTA-IMAGE 大津少年少女合唱団の団員を募集しています。まずはお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。